結婚に関連するランディングページの製作について

現在では、様々なサービスや商品がWEB上で購入したり申し込むことができます。特にスマートフォンが浸透するようになってからは、その両者数は急増しているため、もはやWEBビジネスを成功させるためには、スマートフォン市場を無視することができなくなっています。これまでWEB上でビジネスを行う場合、見込み客を集め、ホームページに流し込むことが一般的な方法として実践されてきましたが、それではダイレクトにその商品やサービスの魅力が伝わりきらないとして、販売に特化した、1ページ1カラムのランディングページを設けるようになってきました。そこには、商品やサービスの魅力や、活用することでどういった効果があるのかなど、見込み客が知りたい情報を詰め込み、成約に結びつけてきています。

最近、WEB上で業績を伸ばしているのが結婚関連です。特に式場選びについては、一つひとつ式場を回るのは相当な労力ですから、WEB上で気になる式場をピックアップし、都合の良い日程を選んで予約することで、実際に式場を訪問し担当者からの説明を受けることができます。もちろん、ここでもランディングページの役割は非常に大きなものがありますが、スマートフォンの普及により、スマホ向けにランディングページのデザインを制作する必要があります。パソコンとスマートフォンでは、圧倒的に画面サイズが異なりますから、小さなサイズでも、その結婚式場の魅力が伝わるような仕掛けが必要になっており、写真はもちろん、動画や漫画などを用いて立体感を演出したり、動画の中でも注目のVR動画を導入するなど、様々な工夫がなされています。

しかしながら、いくら動画などを取り入れても、式場に見学にきてもらわないと成約には結びつきません。ランディングページにとって、最も大切なのは成約に結びつけるための構成になります。結婚式は一生に一度のイベントですから、式場選びはとても大切な準備ですが、同時に予算面においては、非常に不安な要素でもあります。ランディングページ目的は、式場見学にきてもらうことですが、こういった不安を払拭することも成約に向けて大切なことです。そこで、ランディングページの構成としては、最初に式場のコンセプトを説明し、動画などを利用した式場案内を行います。そして費用面についての課題やそれを克服する方法などを提案し、式場見学を促す流れになります。この時、ランディングページからの申込者に対する特典などを加えると、反応は格段に良くなり、ランディングページとしての目的も達成できます。