権威付けを利用したランディングページ

ランディングページを作成する時には権威付けを利用するということも考えられます。例えばLP制作会社は日本にするようなことで、ランディングページにある種の権威付けをすることも出来るのです。そうすればランディングページに対する信用も増すことになるでしょう。

人がサイトを訪問する大きな理由が、そこが信用できるからということがあります。検索結果で最も上位に表示されるところが最も多くの訪問者を獲得できるのも、検索結果が信用されているからです。つまり、多くの人が利用しているということは、それだけ信用できる情報がある可能性が高いという信用があるわけです。

ですが、最初から多くの人の信用を獲得することが出来るわけではありませんから、ある程度の訪問者を獲得するまでは信用を得ることが難しい状態だということになりなます。そこで次に重要になるのが権威付けというわけです。これがあると最初から信用されやすいということになりますから、この権威というものの意味は大きな物があるということです。日本はかなり大きな信用を既に獲得しているといってもいいでしょう。おかしなものが出てこないという意味でもこれまでの実績はかなり大きなものがあると考えられます。

ランディングページでこれから必要となるものは、インパクトと独自性ということになっていくでしょうから、これからはオリジナリティを高めつつ、ある程度のレベル以上のものを作っていくことも必要になるでしょう。単にレベルが高いだけでは多くの訪問者を獲得し続けることは難しくなると考えられます。ランディングページは単に一度作れば終了ということはほとんどありません。その時の状況で頻繁に変えていくことも必要になります。訪問者の中にはリピーターも多くいるわけで、リピーターが飽きてしまうようなことになれば、すぐに訪問者の数は減ることになります。

実はランディングページの作成でも最も気を使わなければならないのが、この更新頻度でもあるのです。人気のランディングページを作れたからといって更新しないでいると、すぐに訪問者は飽きてくるでしょう。人はすぐに飽きる動物でもあります。飽きるとまた別の新しいものを探しに行ってしまいます。ですから、リピーターを離さないようにするという意味でも定期的、若しくは̚非定期にランディングページは更新する必要があります。そうすることで、リピーターを離すことなくサイト運営をしていくことが出来るようになります。