検索キーワードを活用したランディングページで差をつけよう

ホームページを運用していくと、自身の運営しているページが、閲覧者からどういう見方をされているのかが判るようになってきます。アクセス解析を見てみると、どういうページが人気で、どういう検索キーワードでアクセスが集まってきているのか、そういった部分が分析できてくるはずです。ここで、注意しておきたいのは、どういう検索キーワードでページに来た閲覧者が、どういったアクションを起こしているかということになります。

もし、ある検索キーワードで訪れた閲覧者が、他のページも丹念に調べていたり、繰り返し何度も訪れてくれるようでしたら、それは、かなりコンバージョンに至る確率の高い、見込み性の高い閲覧者ということが言えます。そういった見込み性の高い閲覧者が、複数人訪れるような検索キーワードがあれば、そのキーワードを盛り込んだランディングページを設計していけば、今ジャージョン率の向上が目指せます。見込み性の高い閲覧者が多数訪れてくれるのに、中々、成約に至らない場合や、繰り返しページを見ているのに、結局どこかへ行ってしまう場合には、訴求能力を考えねばなりません。つまり、集客が出来ているキーワードがあれば、そのワードに興味を持っている訪問者に、しっかりと魅力を訴えていくことが大切になります。

その為に、ランディングページは重要な役割を果たしてくれます。興味があって、ページに訪れたは良いけれど、心が決まらずにあっちこっちウロウロしているような訪問者に、必要な情報を重点的にアピールできるので、的確に扱っている商材やサービスの魅力を知ってもらうことが可能です。良く訪問者を呼び込めている検索キーワードと組み合わせれば、その分、訪問者を効率的に訴求力の高いランディングページにエスコートできますから、コンバージョン率の向上とともに、直帰率の低減を目指していくことも可能です。ある検索キーワードで訪れる訪問者が多いということは、それは、そのホームページの強みであり、長所であるわけです。ここで、上手く魅力を伝えきれないと、折角の訪問者が他のページで成約してしまう事態も考えられます。このため、強みのあるキーワードを持っている場合には、それを活かして、魅力をしっかりと伝えられるランディングページを用意しておくことで、実績に差がついてくるでしょう。ページに集客力が付いてきたら、次は、コンバージョン率を上げるための取り組みが大切です。