ランディングページのコンバージョン率の上げ方とは

通販などのサイトで売り上げを増やすためには、まずアクセス数を増やして集客することと、ランディングページでのコンバージョン率を高めることが必要です。コンバージョンとは、訪問者がランディングページで購入などの行動を取ることですが、様々な要因でその割合は変化します。例えば適切な集客をせずに、単純にアクセス数を増やしても売り上げは増えません。通販に全く興味を持たない人が、たまたま扱っている商品に関する情報を必要とするようなケースもあるからです。そこでまず、見込み客となりうる訪問者を多く集客することが必要になります。そのためには、広告を利用することでランディングページにうまく誘導してみる必要があります。

サイトへ集客する方法としては、検索順位を上げるSEO対策と、リスティング広告を利用する方法があります。リスティング広告はキーワード検索をかけた時にサイトを表示してもらう仕組みのものです。そのキーワードでの表示の権利を入札によって購入することになります。そこでうまく自社サイトに興味を持ちそうなユーザーを取り込めるように、キーワードを選ぶことが大切です。その上で訪問したユーザーが求める情報を適切に提供することにより、商品の購入へと導くことができます。その際にはランディングページへと誘導し、購入するか否かの選択をしてもらうことになります。ランディングページは情報提供をするコンテンツではありません。最終的に何かしらの行動を促すページなので、他のコンテンツへのリンクは張られないことになります。そのために、ユーザーは十分に必要とする情報が得られていないと感じたならば、そのままサイトから離脱してしまいます。

そのために、極力リスティング広告などで単なる情報集めをするわけではないユーザーを確保するように工夫することが大事です。検索のキーワードに動詞を組み合わせていれば、具体的な行動を予定していることが分かります。そのような動詞も入札により確保することで、効果的に見込み客を集めることができるわけです。またサイト内をスムーズに移動できるように工夫することも大事です。特にスマートフォンを利用して閲覧しているような場合、あまりに長いコンテンツは読まれることなく離脱してしまいます。要点をコンパクトにして短時間で必要な情報を得られるようにしておくことも大切です。このような取り組みを行うことで、売り上げを増やすことも可能となります。