ランディングページ効果をAndroidユーザー向けに

ランディングページはPC、タブレット、iPhoneでも使われるのですが、Androidユーザーを意識したランディングページはどのようにしたら良いかと悩む企業や代理店も多いでしょう。Androidセグメントに対し、どうやってコンバージョン率を上げていくか、それは他のハードウェアと違ったランディングページの構築を行うことによって効果が期待できます。

まず、Android端末は画面が小さいため、ランディングページのデザインを考える時に、読み手の立場を意識し、あまり、細かい文字、デザインを使用しない方が効果的です。したがって、重要度が高い情報だけを盛り込み、そこからクリックして、さらに売り込みたい情報にセグメントを誘導するといった、小さなディスプレイ向きのランディングページ作成が期待されるのです。そうすると誘導したいECサイトへのクリックが期待できて、つまりコンバージョン率の向上に対して効果的です。

目的は自社製品の売込み、オンラインショップへの誘導なのですから、まずクリック率を上げないと目的率の達成は困難になります。そのため、多くのランディングページ制作会社が存在してきるのですが、その商品に特化しておりAndroidユーザー向けのページを制作してきた会見が豊富な代理店が望ましいのです。よくランディングページを利用しているのは、化粧品会社、健康食品会社が多いでしょう。ただし、こういった商品は、キャッチコピーが派手すぎたり、大げさ過ぎると、薬事法との関連があることから、誇大広告ととらえられかねません。だからこそ、Androidの小さなディスプレイ画面の中で限られた情報の中で最も効果的かつ適法なコピーを行うことが大事です。そのため、経験豊富な代理店が望ましいということになるのです。

これは、化粧品、健康食品に限りません。ランディングページなら何でも引き受けるという代理店よりも、売り込みたい当該商品に特化した代理店の方が望ましいのです。

とは言え、一般的な作成会社の中でもスキルが高い代理店を選択するのに越したことはありません。マインドマップで顧客のニーズを整理、ワイヤーフレームの決定、高品質のランディングは基本的なコンバージョン率アップのための準備です。顧客のニーズに合わせてABテストで納得の行く製作プロセスを示してくれるか、売れるページを作成するためには制作会社とユーザーの円滑なコミュニケーションチカラがあるかあるかどうかは、代理店がプロセスに取り組む真剣さで判断できます。顧客側は支払い額見合う適正なランディングページを作成し、コンバージョン率を上げることが大切です。