健康食品のランディングページを制作する際のコツ

健康食品は、通信販売で購入する人の割合が、他の食品よりも多いのが特徴です。同じ商品でも、店頭で見るのとネット上で見るのでは、購買者に与える印象が全く異なります。その理由のひとつに、ランディングページによる宣伝効果があります。店頭であれば、その商品は並べられているだけですが、ネット上であれば様々な説明が記載されています。特にランディングページだと、まず、健康に関する課題や問題点が記載されていますから、自分に該当するものであれば、思わず引き込まれてしまいます。さらに、問題点の解決策として、健康商品が紹介されていれば、ついつい購入してしまうものです。このように、ランディングページは、訪問者の抱えている課題や問題点に対して、そのままにしておくと良くない結果が待っていることを解説し、その解決策を提案するとともに購買意欲を掻き立てる構成になっているのです。

特に健康食品の場合だと、食品でありながら注目すべきポイントは「味」ではなくその効能ですから、例え割高であっても効能がしっかりしていれば、通信販売で売りやすい商品だと言えます。要はいかに見込み客を誘導し、購買意欲を掻き立てるかがポイントなのです。したがって、自らランディングページを作成する際にも、問題提起、解決策の提案、商品の説明という流れを踏襲しておけば、基本的な構成は完成していますので、微調整だけで手間がかかりません。さらに、ランディングページを充実させたいのであれば、他の人が作成したページと見比べて不足している部分を追加する方法があります。2つのページを見比べて、他社のサイトには「口コミ情報」が掲載されているのに対し、自分のサイトにはその項目がない場合には、同じように「口コミ」欄を加えるといった具合です。実績のあるサイトを真似ることで、セールスコピーの勉強にもなりますし、LP作成時のデザイン参考にもなります。

他人のランディングページを真似ることに抵抗を感じる人も多いと思いますが、自分一人で作成できるまでの間の練習と同じ事であり、コピーをすることではありません。あくまでも優秀なサイトを真似ることで、センスを学び取ることが大切なのです。ランディングページは基本的にペラサイトですから、誰でも作成できると思っている人も少なくありませんが、実際には、そう簡単に作成できるものではありませんが、優秀なものをコピーしリライトする作業を続けて行くことで、やがて自分のスキルや経験になることを忘れてはなりません、