構成案を作ることで良いランディングページを制作できます

オンラインでホームページやブログを利用して商品を販売する場合、対面セールスは不可能です。メールマガジンを配信出来れば、顧客に合わせた情報を、提供することが可能です。しかし、顧客にメールマガジンを配信するためには、メールアドレスを登録してもらう必要があります。また、ブログやソーシャルメディア上で、商品やサービスの販売は可能です。しかし、ブログやソーシャルメディアでは、営利目的の活動が禁止されていることも多く、ビジネスを行うと、アカウントを削除されてしまうこともあります。オンライン上で商品を販売する場合、ランディングページが必要になります。ランディングページは、ホームページやワードプレスに掲載することが可能であり、大きな売上を達成することが、期待できるものです。

ランディングページを作る際には、コピーライティングと呼ばれる、セールスコピーを書くためのスキルが必要です。コピーライティングを習得すると、顧客の心理をつかみながら、商品の魅力を伝える文章を書けるようになります。また、キャッチフレーズを作る技術も大切です。キャッチフレーズは非常に重要で、商品やサービスの売れ行きを大きく左右します。コピーライティングやキャッチフレーズは非常に重要ですが、ランディングページを制作するときには、構成案をあらかじめ作っておく必要があります。ランディングページでは、文章量が長いことが一般的で、数十ページになることもあります。構成案を作っておかないと、文章を書いている途中で、内容が食い違ってしまいます。また、動画や写真を挿入する場合には、構成案を作っておかなければ、サイズが合わないことも起こり得ます。

ランディングページを作る際には、複数人のチームで制作に取り掛かることもあります。チームでランディングページを制作する場合、常に構成案を意識してLPを作る必要があります。チームの1人が構成案を無視した場合、内容が大きく食い違ってしまいます。その場合、やり直しとなるので、大きな時間や手間の浪費になります。また、1人でランディングページを作る場合にも、あらかじめ構成案を作っておくことが、推奨されます。特に、コピーライティングを学び始めたころは、文章を書く際に、前後で食い違いが発生することがあります。あらかじめプランを作っておき、文章も見直しながら、セールスコピーを整えていくことで、大きな売上増加の効果がある、セールスコピーを書けます。