ランディングページのコーディングについて

ランディングページを作成していく際、HTMLやCSS、JavaScriptなどのプログラム言語を使って、実際にプログラムを記述していくことをコーディングと言います。各種のコード記述を実行していく、と考えて下さい。この手順を踏まなければ、パソコンやスマホの画面に、ホームページを表示することは出来ません。

パソコンやスマホではブラウザを使ってホームページを閲覧していきますが、このコーディングでは、ブラウザに対して、どういった動作をさせるかを指定して行くことが目的となります。3カラムで表示させたり、背景色を変更させたりは勿論、文字の大きさ、どこにどういうコンテンツを配置するかなどの一切を指定していかなければ成りません。このページも、その一切は、プログラムによって表示や配置がコントロールされているというわけです。

ランディングページでは、信頼性のあるページを作るために、この、コーディングという作業が大切になります。勿論、どのようなページでもミス無く、快適に動作することは大切ですが、ランディングページではコンバージョンに直結しますので、ここでのトラブルは致命的です。

起こり得るトラブルは、単に作業を失敗するということは、プロの世界では多くはありません。問題は、幅広い端末やマシン環境のユーザーが訪れるために、場合によっては機能が対応しないといったことは不正で置かなければなりません。と、言うのも、ホームページに関する規格は厳密に定まっておらず、ブラウザによって、OSによって、使用端末によっても、対応範囲が異なっているので、それを考えてないとならないわけです。

個人作成のホームページでは勿論、プロが作ったページでも、文字化けがしたり、レイアウトが崩れたり、一分機能が使えないという経験をお持ちの場合もあるでしょう。そういったことが、ランディングページで起こるということは、見込み客をこちらから失ってしまう結果に繋がりかねないことになります。このため、ランディングページでは特に、安定して機能するよう、しっかりとコーディングの段階から、考えておくことが大切となってきます。

プロのコーダーでは、HTMLだけではなく、CSSなど、複数の言語を組み合わせたりして、最も安定して動作させるように組みたてて行くことが可能になります。実際に事業などを考える場合には、それくらいの品質のコーディングが、スタンダードと考えておいたほうがいいでしょう。