ランディングページからの売上は決済方法も影響します

オンラインで商品を売ることは、実店舗で行うよりも簡単で、手間はあまりかかりません。しかし、オンラインで商品販売をするためには、実店舗での販売とは、違った技術や知識が必要になります。まず、オンラインでは、効果的に集客をする必要があります。インターネット上には無数のサイトがあるので、効果的な集客をしなければ、他のサイトの中に埋もれてしまいます。また、オンラインでは、文章術がとても重要な位置を占めます。オンラインでは、商品販売をする際に、対面や電話によるセールスができません。基本的に、オンラインでは、文章で商品の魅力を伝え、顧客に購入してもらう必要があります。そのため、大きな売上を達成するためには、商品を売るための文章である、ランディングページが必要になります。

ランディングページは、売ることを専用とする文章であり、セールスコピーやキャッチコピーから構成されます。ランディングページを書くためには、コピーライティングと呼ばれる技術が必要であり、熟練したスキルが要求されます。良質なランディングページを書く際には、当然のことながら、文章表現やレイアウトが、売上に関わる重要な要素になります。しかし、その他の要素も大切であり、特にランディングページに掲載する、決済情報は大事です。高額な商品になれば、顧客が欲しがっていても、一括決済ができないことが多くなります。そのため、決済では、分割払いを用意しておくことで、顧客層を広げることができます。また、クレジットカード決済と、銀行振込の両方に、対応可能にしておくことも大切なことです。銀行振込だけだと、分割払いに対応できなくなります。また、クレジットカードの使用を嫌がる客層を取り込むためには、銀行振込も決済方法として用意する必要があります。さらに、銀行振込に対応していないと、クレジットカードを持っていない人が、購入することができなくなります。

ランディングページを作成するときに、発生しがちなミスとしては、パソコンにしか対応していないものを、作ってしまうことがあげられます。多くの人は、スマートフォンからインターネットに接続します。特に、日本ではiPhoneユーザーが多いので、日本人向けの商品を売る時には、iPhoneユーザーを意識したランディングページを制作する必要があります。ランディングページを、レスポンシブデザインにすることで、パソコンとスマートフォンの両方で、適切に表示がなされます。ランディングページを制作する際には、文章と同時に、様々な周辺部分にも、気をつけることが重要です。