公務員でもネットカジノは出来るのか?

カジノ法案はこれからさらに審議を重ねていく事なるでしょうから、その行方次第でカジノやネットカジノの扱いがどうなるのかはまだわかりませんが、公務員もネットカジノは出来るようになる可能性は高いと考えても良いかも知れません。カジノは扱いとして、競馬や競艇、若しくはパチンコのようなものとなると考えられますから、まず公務員だから禁止されるというような事は考えなくてもよいはずです。公務員だから競馬が出来ないなどという事はないわけで、別に趣味で楽しむうえで問題があるわけでもなんでもありません。当然、今話題のオンラインカジノも同じことが言えるわけです。

カジノはこれまではギャンブルという事で禁止されていたわけですが、既にパチンコ、競馬、競艇、宝くじと大抵のギャンブルは大手を振って出来る国が今の日本ですから、このような状態でカジノだけを規制しても意味が無いことは明白です。この事は国会でも議論されていることで、既にカジノ規制を主張している人達は、この事を言われてしまうだけで、何も言えなくなるというよりは、説得力を無くしてしまっていて、理想論だけを論じる単なる理想主義者という事になってしまっています。

そもそも論としてカジノやネットカジノは別にそれほどの大きな影響になるとは考えられていません。パチンコという既に米国のラスベガス以上の売り上げを上げているギャンブルが存在する以上、何を規制しても有名無実の意味のないことになっていたのは明白です。日本ほどギャンブルが出来る国は他に無いといっても良いぐらいで、駅前に必ずパチンコ屋があるのは世界でも日本だけと言っても良いぐらいです。ですから、これからは公務員も大手を振ってネットカジノに興じる事も出来るようになる可能性が高いと考えられます。