ネットカジノの口座はバレるの?

ネットカジノの口座は本人確認をしていますので、調べられたらバレます。とはいっても個人情報を調べる権限を持った組織は限られています。具体的には税務署となります。税金の確定申告をきちんとしていないと、税務署が調査してバレることがあります。ただし、税務署も暇ではないのですべての人のアカウントを調べるようなことはしないそうです。基準は公表されていないのでわかりませんが、1,000万円以上の利益を出している口座は調べられる可能性があるそうです。

また、どちらにしても日本円に換金をしなければならないので、銀行口座に記録が残ります。最近ではビットコインで出金できるネットカジノも増えていますが、ビットコインも日本の取引所へ送金して日本円に換金するので、やはり記録が残ります。インターネット上の取引の記録はすべて残っていますので、不正はしないことです。逆に利益を出していないなら確定申告の必要はありません。

例えば海外のネットカジノへ100万円送ったが負けたので全部失い、そのままアカウントを削除したら調べられることはまずないでしょう。例外的に犯罪にかかわっていたら警察が動く可能性がありますが、海外のカジノで遊んでも日本の法律にはふれないので大丈夫です。また、マニアも推薦するようなネットカジノを選ぶようにしましょう。

資産隠しとしてネットカジノの口座に入れたままにしておくことはおすすめしません。海外の企業が運営しているので、お金が引き出せなくなる可能性があります。倒産をしたり、運営を停止したりです。海外の企業に対して裁判を起こすことは可能ですが、国際弁護士を雇うなどコストが通常よりかかります。同じ理由でecoPayzなどの決済サービスにお金を入れたままにしておくこともおすすめしません。なるべくまめに出金をして安心できる日本の銀行の口座に移しておきましょう。