ランディングページの内容と検索エンジンを関係

ネット上でウエブマーケティングをする人は、ランディングページを作ることが多くなっています。例えば、ホームページを作り、そこからランディングページにリンクをすることで商品の購入やサービスの提供することができます。中には、ランディングページから名前とメールアドレスを記入し、メルマガを購読させる人もいるでしょう。なぜわざわざメルマガを購読させるのかといえば、リストを集めるためです。リストを集める理由は、長期的にお客さんを確保する理由です。もちろん、ランディングページを読んだだけで商品を購入したりサービスを利用してくれれば最高の結果でしょう。
ですが、お客さんすべてが今すぐほしいと思っている人ばかりではありません。ホームページを検索したときに欲しいと思っている人もいますが、とりあえず情報だけを得たいと思っている人もいます。割合でいえば、今すぐほしいと思っている人は全体の2割程度しかいません。逆にほしいと思っていても、今すぐはいらないけどもいつかほしいと考えている人は残りの8割ほどになります。具体的な例を挙げれば、子供の誕生日におもちゃを買ってあげる場合、子供の誕生日が数日前に迫っており、すぐに誕生日プレゼントを購入したいと思う人は少数派です。今すぐ購入する人はわずかな人しかいません。一方で、これから購入を考えている人は、とりあえず誕生日の2週間くらい前になり、おもむろにインターネットで検索を始めます。検索をした結果ホームページが出てきてそのあとランディングページが出てくることがあるでしょう。ただその時でも情報を調べることが最優先で、実際に購入することはしません。そのうち購入するであろうお客さんの方が多いということは、すぐに営業をかけるよりも、メールマガジンを読んでもらいじっくりと購入意欲をわき立たせた方がよいでしょう。その方が結果的に多くのお客さんを取り込むことが可能になります。
実際に、今すぐほしいと考えているお客さんよりもこれからいずれ購入するであろうお客さんに焦点を絞りビジネスをしている人の方がもうかっている傾向があります。いわれるお客さんを育てるやり方です。このやり方を実践するためには、しっかりとしたランニングページを作らなければ見向きもしてくれません。そこでLPを作る時のテンプレートを業者に依頼してみるのも一つの方法です。業者に依頼することでお金はかかりますが、それ以上の収入が出るとすればメリットも大きいでしょう。