最適化によって売れるランディングページにする

売れるランディングページ作成のポイントは、ファーストビュー、ボディー、フッターに分けて、それぞれに異なった目的を設定してデザインすることです。ファーストビューの目的は、集客です。そのページに興味をもってもらうこと、留まってもらうことです。ボディーページはコンバージョンを得るために最適化されていることです。ストレスなく成約まで辿り着けることが重要です。そしてヘッダーはボディーページに書けなかった補足をもれなく記載して情報提供することです。細々とした内容で知らなくてもコンバージョンに影響しないことはヘッダーに記載することが最適です。法的な要求事項もこの部分に埋め込んでおきます。そうすることでボディーページを最適化することができます。このようにパートに分けてすべきことを分けて考えることで重複した表現のないコンパクトなページに仕上げることができます。

ランディングページは、ユーザーが最初に訪れる場所なので、そこで印象が決まってしまうことになります。その良し悪しは売り上げに大きく関わってきます。リンクを選んで開いたページがイメージと合わなかったら多くの人がそのまま退去することになるでしょう。そのためファーストビューの見た目は請求性が高いものにしなければいけません。顧客が求めるキャッチコピーを用意し、それに合わせたイメージを表示して印象を良くします。そして他との比較によって秀でているところをアピールすることで、興味を引くことでスクロールする気持ち得られるようにします。こうすることによって直帰率が下がり詳細な情報を提供できるようになります。実店舗の場合であれば、店内に足を踏み入れたことになります、店舗の外装を見て気に入ってくれた顧客と同じ状態になっています。

店舗で言う店内は、ランディングページではボディページになります。気をつけなければならないのは最適化によって見やすい状態にすることです。ただ単に画像を並べただけのページでは重くなるだけで見にくくなるだけです。どんなに凝った画像でも見てもらえなければ意味がありません。読み込みやすいサイズにまとめること、不要な画像フォントを多用しないこと、HTMLやCSSなどを無駄のない構造にすることなどがあります。最適化は公開前に十分に準備ができるため、時間をとってしっかりやりましょう。運用しながら行うとうまく切り替えができないことやシステムの変更に既存ユーザーが離れていってしまうことなど支障がでるおそれがあります。

店舗で自分の見つけたいものが見つからない場合やどのように買っていいのかわからない場合、欲しいものの情報が多すぎたり少なすぎたりした場合、顧客は購入に至らないはずです、つまりランディングページ上ではコンバージョンを得られないと言うことになります。具体的に言うと顧客が目的を達成するためのストーリーが作られていないと言うことです。顧客が欲しいものを見つけられないような時には、ページでの滞在時間が長いのにリンクのアクセス数が少ない場合、全体的にリンクのアクセス数が高い場合などは、リングのグループ分けや並び替えの順序を変えてみたり検索性を上げてみることも検討した方がいいでしょう、顧客が目的を達成するために必要な情報を提供できているかと言うことも気にする必要があります。無駄な情報ばかり多くて実質的な部分が不明だったり、画像ばかりで情報が得られない場合は注意が必要です。リンクのアクセス数が多いのにコンバージョンを得られていないような時には、情報を検討する必要があるかもしれません。また、目的達成のための手順が複雑だった場合も同じような結果になります。なかなか売上げが上がらない場合には手順を見直す必要があるかもしれません。

このようにランディングページは定期的に分析する必要があります。ユーザーがどのようにアクセスして来ているのか、どのようなキーワードで検索した結果なのか、どのようなリンクを多く見ているのか、滞在時間はどれぐらいか、購買に至るためには、ランディングページのどの部分を多く見ているのか、逆にどのページはあまり見られていないとかweb上で数字を確認できるところがあります。そこで結果から因果関係を分析して今後の改善のネタとして利用します。この作業を怠っていては良いランディングページを作ることはできません。定期的なメンテナンスをすることで多くの結果を確認し、参考にすることが必要です。多くのページが存在しているウェブは良いお手本の宝庫です。公開されているアーカイブだけでも十分な情報量になります。色や配置、エフェクトまで他人が作ったアイディアに刺激を受けることで新たな方法を検討することが売れるランディングページを作るきっかけとなります。どうして見やすいのか、どのような組み合わせが適当なのかを考えるだけでも有効です。改訂のないランディングページが売れることはないでしょう。